春日市・大野城市・那珂川市・福岡市南区近郊で家族葬・お葬式のことならセレモール

終活について思うこと2022/04/5

近年の少子高齢社会において、子供や周囲に迷惑をかけずに生き生きと人生を終える「終活」に関心を寄せる人の割合は、シニア世代で約73%と言われています。終活とは人生の終わりのための活動を略したものです。
長年葬儀に携わり、人の生きざまに様々な思いを巡らせた者として、終活について数回に分け述べてみます。
終活の目的は、人生のエンディングを自分らしく迎えるために、いま一度、自分自身の人生を振り返り、残された人生をいかに悔いなく幸せに生きるかを考え、そのための準備をすることではないでしょうか。
自分自身に介護が必要になった時、尊厳死に直面した時の対応、葬儀や祭祀相続、お墓の問題、何よりも資産相続の問題などについて、自分の希望や願いをかなえるためにはどうしたらよいかを考え準備する必要があります。最近では、生前整理として「断捨離」が提唱されています。

終活で最も重要なことは「送られる側」と「送る側」が一本のラインで結ばれ、お互いに寄り添って人生設計をすることです。

そのためには、計画的に備えを始めることです。
先ずは、終活に必要な情報を集め、整理すべき事項を書き上げ、課題解決のためにプロ(専門家)の力を活用することです。プロからアドバイスを得ることが問題解決の早道だと考えます。何よりも自分の想いや考えをご家族や信頼できる人に伝えることが重要です。そして今一度、家族の支えの大切さに思いをはせ、人とのつながりを深めることが最も重要なことではないでしょうか。