春日市・大野城市・那珂川市・福岡市南区近郊で家族葬・お葬式のことならセレモール

直葬ってどんな葬儀?2022/04/4

最近、直葬についてのお問い合わせが増えています。そこでお答えします。
直葬とは、文字から「直接葬る」ことと読み取れますが、定義は定かではなく、葬儀社によっても受け止め方が異なるようです。
一般的には、通夜や告別式などの儀式を一切行わず、自宅や病院からご遺体を直接火葬場に運び、火葬のみを行うお葬式スタイルのことを言いますが、最近ではこのような形態を「火葬式」と名付けている葬儀社が多いようです。
ご存知の通り、火葬は墓地、埋葬等に関する法律で死後24時間が経過しないとできないことが定められています。そのため、死後すぐには火葬ができないため何処かにご安置して、火葬ができる時間を待つ必要があります。

火葬式の流れは次の通りです。ご逝去(病院など)➡搬送➡ご安置(自宅又は斎場預かり)➡出棺➡火葬場で待合わせ➡火葬

火葬式では、このように故人様を斎場などに預かっていただき、火葬場で待ち合わせて火葬に立ち会うお葬式スタイルのことです。
直葬は通夜や告別式を行わない葬儀スタイルとの概念がありますが、今日では祭壇は飾らずにお部屋で故人様に寄り添い、出棺の折に宗教者に読経を上げて頂くお葬式も直葬の部類に含められています。
当社においても直葬と火葬式を区別しています。当社での直葬の場合は、ごく親しいご家族や親族で故人様に寄り添って想い出を共有して欲しとの願いを込めて、お部屋で泊まれるようにお布団の準備も致しております。
詳しくは「福岡直葬本舗」のホームページをご覧ください。